ブログ

金沢の観光

2017年09月01日(金)

「金座和アイス」さんの不思議な溶けないアイス

金沢で買うことができる「溶けないアイス」をご存知ですか?
先日、ひがし茶屋街の「金座和アイス」さんで溶けないアイスを買ってみました。
私が選んだのは、兼六園の雪吊りをかたどった抹茶味のアイスです!

溶けないって、アイスクリームじゃないのでは!?と思われるかもしれませんが・・・。
ひんやり冷たく、口に入れるととろーりとろける食感と味わいは
普通のアイスクリームとまったく変わらずとっても美味しい♪
でも真夏に持ち歩いても溶けてぽたぽた垂れ落ちてくることのない
型崩れしにくい不思議なアイスなんです。

アイスクリームの主な成分は油脂・空気の泡・氷の粒(氷晶)で、
この3つがうまく混ざった状態でアイスクリームのおいしさは作られていますが、
温度が上がると氷の結晶が溶けて水になり、
脂肪分も一緒に溶けてしまうのが、アイスクリームが溶ける理由です。

アイスクリームにイチゴエキスを加え、溶けないアイスを開発したのが
金沢大学の太田富久名誉教授です。
イチゴポリフェノールがアイスの中の水分と油脂分とを橋渡しして、
温度が上がっても油脂分に取り囲まれた水分が流れ出ず
アイスが溶けにくい仕組みだそうです。

石川県はアイスクリームの年間消費量全国一なんですよ。
アイスクリーム好きの県民性が「溶けないアイス」を生み出したんでしょうか?

雪吊り風アイスのほかにもいろいろな種類がありますので、
9月に入りましたがまだまだ暑い中、皆様もぜひ試してみてくださいね。